乾燥肌悩み|解決ヒント

MENU

乾燥肌悩みの解決ヒント

乾燥肌トラブルで困ったら…、あなたの乾燥肌悩みを解決するためのヒントになれば…そんなサイトです!

乾燥肌悩み解決のパーフェクトなテクニックってあるの?

基本のスキンケア方法は、肌に負担をかけないシンプルな方法がベストです。
でも、急にニキビができたり肌荒れしたりするのが常…
それぞれの悩みに対応したスキンケアをしたくなりますよね!

ただやみくもに、「ニキビ用」「シミに効く」等のように訴求してある化粧品に頼りっぱなしでは難しのもスキンケアの大変なところです。
それぞれにマッチした的確なスキンケア対策が必要です!


肌の乾燥に関する悩みには


肌の内側にある保湿物質が働かなくなると乾燥します!

「保湿成分」と聞くと、ほとんどの人が化粧品に配合されているもので肌の上から塗るものと思っていますよね…
でもじつは、人間の肌にはもともと潤いを守る物質があるんです!

中でも有力なのが、「角質細胞間脂質」と呼ばれているものです。
これは、角質細胞のあいだにあって、水分の蒸発を防いでいる脂質の一種です。

色々な脂質がまざりあって構成されているのですが、その約40%を占めるのがセラミドで、最強の保湿物質と言われます。

これらの脂質(保湿物質)の量が減ったりして正常に働かなくなると、肌内の水分を抱えていられなくなって乾燥してしまうのです。
肌の中にある保湿物質の生産量は年々老化とともに減っていくために、肌は乾燥しやすくなるのです。

また、角層の水分量が減って乾燥状態が続くと、肌は硬くゴワゴワしてきます。これは、角層が厚くなっていく為です。

角層には本来、外の刺激から肌を守る働きがあるんです。乾燥とは、角質のバリア機能が損なわれている状態なので、肌は「角層をもっとつくろう」と細胞の生産を早めます。
そうすると、その生産ピッチにおいつけない、未熟な細胞が表面に出てきてしまうことに…
これではきちんとしたバリアの役目を果たさなくなってしまいます。
こうなるともう悪循環で、デコボコした変に厚みのある角層が出来上がってしまうのです。

この悪循環にはまらないために行うべきスキンケアは、保湿なんです!


化粧水をたっぷりつけるよりも「保湿成分」を与えることが必要


化粧水=保湿 は間違いなんですよ!

保湿はスキンケアの基本ですが、毎日せっせとスキンケアしていても、
肌がカサカサするんです…
という女子が後をたちません!

でもそういった女子のスキンケアって…
化粧水などで水分を補給することが保湿だと勘違いしているんです!

保湿=化粧水 という概念から離れることが必要みたいですよ。

正しい保湿ケアとは、肌の内側の水分を抱えて離さない、保水力のある成分を配合した美容液などを使うことなんです。
化粧水を含ませたシートパックや、化粧水の重ね付けも…間違っているんです。

セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を配合した美容液をつけて肌の保水力を高めることが本当の保湿スキンケアです。