肌の内側まで保湿|保湿パック

MENU

乾燥肌悩みの解決ヒント

乾燥肌トラブルで困ったら…、あなたの乾燥肌悩みを解決するためのヒントになれば…そんなサイトです!

肌の奥までしっかり保湿するには保湿パックが最適!

肌の奥までしっかり保湿するには

固まるタイプのパックがお勧めです!

乾燥していると、メイクのりが悪くなる傾向にあります。
乾燥肌の角質は厚くなっているので、せっかくセラミド入りの美容液をつけても中々浸透してくれません。
こんな時にお勧めなのが、保湿パックです。

パックというと、最近はシートタイプが主流になっていますが、肌にのばすと固まるタイプの方が密閉性が高いので、水分の蒸発をしっかり防いで、潤いを肌の奥までシッカリと浸透させてくれます。

パックの後は、洗い流すだけなので、朝の忙しいときのスキンケアにも簡単に取り入れられます。
メイクのりを即効でアップさせたい時にはピッタリですよ!

時々ではなく、日常的に保湿パックを!


パックは潤った実感はもちろん、メンタルの面でも肌のお手入れをした充実感が味わえます。
ただ、特別な時だけ使うのではなくて、日常的なお手入れにも取り入れていくことが大事です。

定期的に使用することで、肌に水分を補給して、あとから使う美容液などでその水分をキープさせられれは肌の改善が早くなるからです。

週に2回程度は、スキンケア習慣にして取り入れてみては如何でしょうか!


乾燥がひどい時にはクリームだけを塗る!


低刺激のクリームと紫外線カットで対応を!

感想がひどくなると、肌のバリア機能が低下して、肌あれを起こします。
化粧水がしみたり、痒みを感じたりすることがあります。
そんな時には、しみるものは取り敢えず中止して、ワセリンや低刺激のクリームなどで水分の蒸発を防ぐのみにとどめます。

また、乾燥して荒れている状態でも、紫外線対策は必要です。
クリームなどを塗ったあとに、パウダーファンデーションかルースパウダーを重ねてケアしましょう。

このスキンケアを1週間ほど続ければ、肌は徐々に回復してくるはずですよ。


その乾燥は…アトピー性皮膚炎では??


もし乾燥と同時に強い痒みがある場合や目の周りだけ赤くカサカサしたりする場合には、アトピー性皮膚炎を疑ったほうが良さそうです。

アトピー性皮膚炎というと、子供のころから発症するイメージがありますが…最近では大人になってから発症する「成人型アトピー性皮膚炎」も増加しています。乾燥肌だと思っていたら…アトピー性皮膚炎だったという人もいますので注意が必要です。